夢占いで正夢を手に入れよう!

夢で見た良い事って出来れば正夢になってほしい!!と強く思う事ってありますよね。正夢にならないのならせめてまたその夢の続きを見たい!と思う人も居る事でしょう。夢の続きを見るか、それとも夢占いで正夢を手に入れるか、どっちかを取るのなら断然正夢になる事を願いますよね。そんな貴方の為に、今日から素敵な夢を是非正夢に近づけるようにする方法をご紹介したいと思います。

正夢と言うのはその場面に直面して初めて気が付く場合が多いですが、俗に言うデジャヴュと言われている現象の一つです。日常生活を普通に送っている中で、「あっ!この場面前にどっかで見た覚えがある!」と思った瞬間ってありますよね。実はそれこそが正夢でありデジャヴュなのです。正夢が起こる瞬間、この夢が現実になったら良いのに…と思った事は忘れている事が比較的多く、夢と現実の境目と言うのは全く感じない状況である事が多いので、夢の世界から完全に目覚めている状態にある時こそ正夢が起こりやすくなっています。

夢占いでも同じ状態の事が言えるのですが、まず気になる夢を見た時、その夢が良い夢であったにしろ悪夢であったにしろ気になり夢占いをする人も居るかと思いますが、逆にこんな夢を見たいと思うのであれば夢を見始める前、つまり寝る直前に起こった事が夢にも影響されやすくなったりしますよね。となれば、夢占いで正夢を手に入れるとすればまず見た夢をしっかり覚えておかなくはいけません。起きてすぐに夢占い診断をし、その夢の内容と診断結果を忘れないように頭の中でインプットしておくようにしましょう。数分間だけでも良いので起きた直後に夢占いをするというのが大切です。

起きた直後と言うのは一日の生活のうちで脳の働きが安定しているので、たとえ数分間でも深く考えた内容と言うのは無意識に脳が覚えています。正夢にするためにはどうしてこんな夢を見たのか、そしてその夢の影響とはどのような事があるのかと言うのを知る事こそ正夢に近づけるようになっていくので、正夢=夢占いと言う流れを覚えておくと良いでしょう。

では何故夢占いをする事で正夢に近づけるのかと言う秘密をご紹介しますね。そもそも正夢と言うのは現実の世界で夢で見た事を実行しているという単純な事に過ぎません。そしてある程度の思い込みと言うのも正夢にとっては必要不可欠な心理状態となってくるので、例えばずっと好意を持っていた異性から告白された夢を見たとしましょう。そして夢占いの診断結果は、貴方自身がその異性から告白されたいと言う願望を持っているという答えだったり、もしかすれば相手も貴方に好意を持っている可能性があるという答えだったりもします。

そして自分自身にとって嬉しい占い結果は後に答えた、「相手も貴方に好意を持っている」と言う占い結果ですよね。夢占いと診断結果によってその夢が正夢になれば良いのにと言う気持ちを持つことで、自然と願望が強くなり願望が強くなればその夢に魂すら籠る事もあります。「思い続けていれば夢は叶う」と言う言葉を聞いた事はありませんか?まさに正夢と言うのはその状況に近いものがあるのです。自分自身の行動次第で未来が変わるというのであれば、努力し行動しますよね。しかし相手の気持ちを変えるというのはそれだけでは結果を良くする事は不可能です。でも想い続けていれば自然と気持ちが伝わる事は稀にあります。正夢で恋が実ったというのは自分自身が想い続けた結果でもあるのです。

では自分の力だけでは変える事ができない未来と言うのは、どうやって正夢に出来ると思いますか?例えば宝くじに当選した夢を見たとしましょう。絶対に正夢にしたい!と夢を見た人は誰でも思いますよね。でも宝くじを買わなければ当選する事もできないので、正夢にするためにはまず現実の世界で宝くじを買いに行かなくてはいけません。その行動だけでも少し正夢に近づてきています。そして後は運を待つだけです。正夢になるかならないかは、運にかかっているという事になります。宝くじに当たりたい願望があったりすれば当選する夢を見るのは当然の事なので、現実の当選結果が出るまで当選した夢を思い出し楽しむと言ったのも夢占いの面白い利用方法の一つでもあるかと思うので、夢占いをどう利用するかは貴方の気持ち次第と言う事になるのです。

夢占いで正夢を手に入れよう!と思ったら、まず夢が現実に近づけるように行動していきましょう。夢の事を忘れてしまうぐらい一生懸命になった時、正夢は急に姿を現してくれるかもしれません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ